トヨタのマークX(シルバー)は乗り心地の良いトヨタのフラッグシップセダン

トヨタのマークX(シルバー)はトヨタのミドルクラスセダン

主人と結婚して、主人が実家の父から譲り受けたマークⅡに乗るようになりました。

はじめはずいぶん落ち着いた車だなあ(正直、おじさんくさい車)と思いましたが、乗り始めてから私もマークⅡの魅力にはまっていきました。

義父がかなり前に新車で購入したもので、当時はかなりの高級車だったと思います。

しかも、オプションで様々つけてありましたので、面白かったのですが、中でもガソリンスタンドや様々な場で、「珍しいですね」とよく声をかけられたのが運転席横の窓のサイドワイパーでした。

雨や雪の時、あったら便利というものがほんとうについていたのです!

トヨタ マークXのメリット

先に書いたように、珍しいものをオプションでたくさんつけていた面白みはさておき、トヨタの車は内装がよく、乗り心地も大変よいと思います。

マークⅡに関していえば、シートは座り心地のよいソファーのようで、車そのものが走るリビングルームさながらであったように思います。

正直、いったんこのグレードの車に乗ってしまいますと、乗り心地の良さになれてしまい、グレードを下げることができません。

子供のスイミングなど、習い事や幼稚園の送り迎えで、小さい時からこの乗り心地を覚えてしまった子供はどんなに幸せなんだろうと思ったほどです。

私自身、小さい時から、ほんの短時間でも車に弱く、すぐに酔っていたのですが、おかげで車酔いもすっかりなくなりました。

高速などの加速も素晴らしく、クルーズコントロールでリラックスしながら走れるのは本当に心地よいです。

マークXのデメリット

デメリットといって何を書こうか迷ってしまいますが、あえていうならば、軽自動車などにくらべ、車体が大きいのと、今はやりのミニバンに比べ、運転席から前が長いので、多少運転がしずらい面があるかもしれません。

しかし運転は慣れですので、私自身はそう感じた事はありません。

その他でいえることは、かなりの年月のってきているので、もうそろそろ買い替えの時期かしらと思っています。

年配の方や、とくにマークⅡあたりは根っからのファンもいますので、共感できる部分もあり、かなり満足してきましたが、子供たちが大きくなるにつれ、やはりミニバンのような大きな車にあこがれをもつようです。

シートが平べったくベッドみたいになったり、シートを動かすと、電車のボックス席のようにピクニック気分になったりと、様々要望がでてきたようです。。。

マークXの情報まとめ

車は乗る人の個性を表すといわれますが、ミニバンが流行ってきている今、個性はどこへやら、なんとなく面白みのない時代になってきたように思われます。

私は、はじめは時代と同じ考えだったかもしれませんが(笑)、主人のせいで、いえ主人のおかげで車の趣味に関しても奥深さを教えてもらったように感じます。

車の値打ちを考えて一定の期間が過ぎたら買い替える方が多いですが、自分の車に愛着をもつ生き方も悪くないなと、そんな風に思えるようになりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です